コロナウイルスが感染拡大する以前から、通常に行っている感染対策をご紹介します。

 

・患者様に使用する器具の滅菌の徹底

 滅菌が推奨されない器具(滅菌時の熱などによってひび割れや変形が生じ、逆に清潔性が失われるもの)を除き、患者様に使用する器具はすべて滅菌したものを使用しています。

 また、使用する際は使用直前に滅菌パックを破り、速やかに使用しています。

 

・ディスポーザル器具(使い捨て器具)の使用

 コップやエプロン、器具を乗せるトレーなど、昔は洗って使いまわしていた物も、すべて使い捨てし、患者様ごとに新しいものを使用しています。

 

・人と人との感染防止

 歯科医師やスタッフが知らない間に感染症になっている可能性もあります。知らない間に患者様に移っていた、そのような不慮の感染拡大を避けるために、患者様に触れる際は、必ずグローブ着用のもと、治療を行います。そして、当然ですが患者様ごとにグローブは破棄します。

 特に、歯科で触れるのは粘膜が中心です。粘膜は容易に感染するので、細心の注意が必要です。

 

・診療時間中の常時換気

 今回のコロナウイルスの件でも大きく報道されましたが、ウイルスなどが空気中に留まり、そこから感染する場合もあります。常時換気を行うことで、このような可能性を最小限に抑えるようにしています。