滋賀県草津にある歯科医院で、コロナウイルスの集団感染が起きています。

 

スタッフの歯科衛生士がまず感染し、次いで歯科医師を含むスタッフ4名が感染しました。

ニュースの情報からの推察ですが、患者さんへの感染が出ていないのであれば、診療中の感染対策はされていたのではないかと思います。

スタッフ間での感染であることから、休憩中、食事中などにマスクを外し、会話していた可能性が高いです。

医療機関である歯科医院からクラスターが発生したのは非常に残念ですが、これは責任者の油断と言わざるを得ません。

 

当院でも感染者が出る可能性はもちろんゼロではありませんが、考えられる対策は行っています。

この件の対策で言うと、コロナの流行後、基本的に院内では食事はしないようにしています。マスクを外す機会を作ると良くないからです。

自分自身やスタッフが知らない間に感染者になっている可能性を常に考え、患者様やスタッフ、その家族や周りの方々、また自分自身を守るための感染対策は継続していきます。