感染症の専門家、花田信弘先生がNHKの朝イチに出演され、コロナウイルスと口腔ケアの関りについてお話されました。

 

花田信弘先生

現・鶴見大学歯学部教授

元・国立感染症研究所 口腔科学部 部長

 

お話の内容は、

コロナウイルスで肺の免疫力が弱った所に口腔内からの細菌性肺炎が重なると、重症化のリスクが上がってしまう。

舌の清掃も含めた口腔ケアが非常に重要。

舌の清掃には、専用のブラシを使う。普段のハブラシで舌をこすると、舌を傷つけてしまう。

専用ブラシがない場合は、ガーゼやタオルで。指に巻き付け、奥から手前に優しく拭う。

朝起きた時と、寝る前の一日二回行うと効果的。

うがい薬では舌などの細菌は取れないので、あまり効果はない。

とのことでした。

 

現在、若い健康な方でも重症化することが報告されています。

感染には細心の注意を払いつつ、歯科医師としてできることはやっていくつもりです。

舌の汚れについて気になる方は、気兼ねなくお尋ねください。